−芦屋界隈“ぶらぶら”と−

芦屋にあるショップ「木と工房家具のお店 Jクオリア」、  日々の出来事を時々更新中!

玄関にスツール

背もたれのない椅子をスツールと呼びます。

tennai20170105

人数が増えた時の補助的な椅子だと思われる方も多いと思いますが、スツールってなかなか使えるんですよ〜 椅子としてはもちろん、ソファやベッドのサイドテーブルや飾り台にもなってくれます。小さなローテーブルを探されている場合はスツールをおすすめすることもあります。スツールを見に来られるので多いのが、玄関用です。
日本では家に上がる時に靴を脱ぐので、玄関には土間と床との段差があります。昔はこの段差が30cmぐらいあったのですが、段差がきついと上がりづらいので今はとても低くなっています。上がりやすくなって楽になった反面、昔はこの段差に腰掛けて靴を脱ぎ履きしていたのができなくなってしまいました。なので玄関に置くスツールを探しに来られる方が多いんです。

玄関スツール_3
 
上の写真は、その名も「玄関スツール」立ちやすいように手がかりがあって、だけど介護用品的でなくインテリアに合うものが 欲しいという高齢の方からの声で生まれたスツールです。

スツールは個性的なデザインも多いので、玄関の広さや雰囲気に合わせて選んでいただけると思います。玄関が広くない場合は、奥行きがコンパクトなものがおすすめ。脚をカットして低くできるものもありますので、ちょうどいい高さにも合わせていただけます。

< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■ 

畳ベッド

うちでは展示スペースとしても活躍してくれている、畳ベッド。
現物が見たくて・・・と来てくださるお客様が増えています。

tatamibed_p_j
 
長時間使うのと全体重がかかるので、丈夫さを確かめたくてという方がほとんどです。飛騨フォレストさんの畳ベッドは写真のように外から見える部材はもちろん、畳の下の桧のスノコがとてもしっかりしています。体重を支える部分なのでここが華奢だときしみの原因にもなります。

 工房では1台ずつ作られているので、様々なオーダーに対応可能です。サイズはもちろん、和室に置いても畳を痛めにくい仕様や、少し物が置けるヘッドボードを付けたり、収納用の引き出しを付けたり、毎日ベッドの下を掃除したい方には4つ脚タイプ、ベッド下に収納はしたいけれど畳やスノコを持ち上げるのが大変という方には跳ね上げタイプなど、生活スタイルに合わせてご提案させていただきます。

リビングの畳コーナーにもおすすめです。腰をかけたりゴロンと寝転んだりできるくつろぎの場所にも、お客様が来られた時のベッド代わりにもなってくれます。畳の下に収納スペースが確保できるのもうれしいですよね。数ヶ月前に納品させていただいたユニット畳、お部屋の雰囲気と合ってとても素敵でした。

そしてこの畳ベッド、複雑な仕様のものでなければお客様ご自身で組み立てができます。もちろん組み立て設置も承りますのでご相談くださいね。

展示している家具をさっと避けますので、いつでも寝転びに来てくださ〜い。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

北海道へ

2週間程前のこと、遅くなりましたが北海道出張報告を・・・

asahikawa2017_3

毎年6月に行われる旭川の展示会。あるじはほぼ毎年訪れているのですが、私は初めて参加しました。今年は展示会開催30周年、3年に一度行われるコンペが10回目の記念の年で、例年よりも活気があったようです。初参加の私は比較はできませんが、「全国からこんなに沢山の人が来るんだ〜」と感心しておりました。

asahikawa2017_4

asahikawa2017_2

asahikawa2017_1

asahikawa2017_6

いつもお世話になっている工房さんの工場や展示会場、ショップを訪問。直接見たり聞いたりすることで、気づかされることも多く勉強になりました。
他にも工場を見学させてもらい、各工房の特徴や工夫を知ることができました。

夜は、工房の皆さんや販売店さんたちと真面目に楽しい意見交換もできました。
日々に生かしていきたいと思います。


余談ですが・・・
asahikawa2017_5

旭川の材木屋さんに絶対に食べないとダメと言われた「うに」とっても美味しかった〜

asahikawa2017_7

帰路の千歳空港でしろくまくんと記念撮影!このしろくま、お世話になっている工房さん作なんですよ。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

途中まで肘掛けのある椅子

先日、前まで肘掛けのある椅子のことについて書きましたが、今日は途中まで肘掛けのある椅子・ハーフアームのお話を・・・

halfarmchairs
 
前まで肘掛けのあるタイプと同様に、ゆったりと椅子に座る時間が長い方にオススメ。違うのは、座面が囲まれていないので椅子を全部引かなくても立ち座りができるところです。食事中に立ったり座ったりが多いけど、お茶を楽しんだりゆっくりすることもある〜という方にはぴったりだと思います。そして長く使っていただく中で生活スタイルも変化するので、今は子育て中で忙しい方も5年、10年後にはゆったりと椅子に座ることも多くなると考えると両方に適合してくれる椅子かもしれません。
 椅子の向きはそのままで身体の向きだけ変えることができるので、テレビの位置が正面じゃない時に便利です。それからあぐらをかくこともできます。椅子であぐら?と思われるかもしれませんが、お酒を飲むと脚を上げたくなる方やあぐらがペットの定位置の方など、意外と多いご要望なんですよ。

幅はそれぞれですが、肘掛けを使うので2脚並べる場合は1500mmあればいいなと思います。収納面では、肘掛けが高くても肘のない部分まではテーブル下に収まるので、椅子が出っ張るのは嫌という方にもおすすめです。

ダイニングの3つのタイプの椅子について書きましたが、自分にあってるのはどれかな〜と色々な椅子を座り比べてみてください。生活スタイルなどもお聞きしご提案させていただきます。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■
 

肘掛けのある椅子

肘掛けのある椅子には、肘掛けが前脚まであるものと途中までのものがあります。
今日は前脚まであるタイプのお話を・・・

armchairs
 
ダイニングでお酒を楽しまれる方、お茶を飲みながらお話しされる方、本や新聞を読むスペースに使われる方など、過ごす時間の長い方におすすめです。
肘をのせることで身体がリラックスし、くつろぐことができます。
家族やお友達など人の集まる場として、ダイニングスペースを使われるお家が多くなっているので、肘掛けなしよりもありのタイプを選ばれる方が多いです。

肘掛けありの椅子は幅が広く、2脚横並びで置かれる場合は椅子のデザインにもよりますが、テーブルは1500mm以上あるといいと思います。そして完全に引かないと立ち座りができませんので、椅子の後ろにスペースが必要になります。肘掛けの高さによっては、テーブル下に収まらない場合もあります。

肘掛けありの椅子は、身体と触れる部分が多くなるので、自分に合うか合わないかもはっきりしてきます。背中の当たりや座面の角度、肘掛けの高さなど体型や好みによって、座り心地がいいな〜と感じる椅子が違ってきますので、ゆっくりと選んでいただきたいと思います。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■
 

肘掛けのない椅子

ダイニングの椅子を選ぶとき、「自分はどんな風に過ごすかな〜」と考えてみてください。

食事の時だけダイニングを使われ、食後はすぐにリビングに移動して
ソファなどでくつろがれる方には、肘掛けなしの椅子をおすすめしています。

armlesschairs
 
 肘掛けなしの椅子は、座面がフラットで背が立っているものが多く、
食事がしやすいです。そして食事中は肘掛けは使いませんし〜

食事中に何度も立ったり座ったりする方にもぴったりです!
小さなお子さんがおられるお母さんがそうだと思うのですが、
椅子を引くことなく立ち座りができるのでストレスを感じません。

子育てといえば、ダイニングテーブルで勉強されるお子さんも多いと思います。
身体の向きを変えられるので、横でアドバイスしやすいですよ。

肘掛けがない分、軽くてコンパクトなので持ち運びがしやすいですし、
テーブルの下にきっちり収納できるのもいいところです。

デザインによって座り心地はそれぞれ違います。
ゆっくり座り比べて、お気に入りを見つけてください。
 

< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

NO.42 お届け

先日お届けしたNO.42。
晩御飯前のお忙しい時間にお邪魔したので、店で撮った写真でご紹介します。

42_maple_osama_3

フレームはメープル材。テーブルは少し赤みがかったチェリー材をお使いなのですが、
椅子は床と同じ色味のメープルにされました。

42_maple_osama_2

背が布張りのNO.42はファブリックが目立ちます。
奥様が選ばれたレッドの張り地がとても鮮やかで素敵です。
ご主人のネイビーとの相性もバッチリ!

42_maple_osama_1

少し分かりづらいですが、奥様の椅子は前脚を2cmカットしています。
NO.42は傾きがきつめなので、緩やかにするためです。
傾きがきついと後傾姿勢になり、食事がしにくい場合もあるので、
ダイニング用にはいいかもしれませんね。 
ただこのあたりは体型や座り方によって変わってきますので、
いろいろ試されて決めていただくのがいいと思います。

Oさま、この度はありがとうございました〜


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

ユニット畳 お届け

先日ユニット畳を納品させていただきました。

tatamiunit_ssama_2

和室をリビング続きのお部屋にリフォームされ、その一角に小上がりの畳スペースを設置。
昼間はくつろぎの場、夜は寝室として使われています。
お客様はとても研究熱心な方で、ユニット畳も色々な所でご覧になり、
作りの丈夫さや使っている材料の良さなどを気に入ってくださってご注文いただきました。

tatamiunit_ssama_1

畳スペースの奥のライトが当たっている所は板間で、
手前に引き出しが2つ、奥の畳の下にも収納ができます。
フレームはメープルの無垢材。少し白っぽいかなと悩まれていたのですが、
収納の扉や天袋の壁紙、床とぴったりで上品な雰囲気になりとても喜んでくださいました。
よかった〜

Sさま、この度はありがとうございました。また近々お伺いさせていただきます。

畳ベッドやユニット畳を製作してくださっている「飛騨フォレストさん」
5/24の日経新聞の夕刊に掲載されました。

hidaforest_nikkei

お部屋や体型に合わせて、サイズや樹種、畳床や畳表など、
色々オーダーしていただけるのが飛騨フォレストさんの強みです!

Jqualiaではチェリーの無垢材のユニット畳を展示しています。
普段は椅子などの展示スペースに使っていますが、
座ったり寝転んだりしていただけますので、ぜひお越しください。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■


 

カタログができました

新しいカタログが刷り上がってきました。
Jqualia初、ページものです。

jcatalogue_8

今までは1枚もので載せている商品の数も少なかったのですが、
今回は展示しているほとんどの椅子が載っています。
これでお家に帰ってからもカタログを見ながらご検討いただけるかな〜

jshopcard

一緒にショップカードも!

どちらもたくさん店にありますので、ぜひお手にとってくださいね。

< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

カバーリングの座面

小泉誠さんデザインの椅子「futae」

futae_7

肘掛けがないタイプですが、背もたれが広くとられていてゆったりしています。
でも華奢に見えるところが、さすが小泉さんです。
それから他にも特徴が〜
カバーリングが可能なんです。
上の写真は、ピリッとした印象の黒のい草。

futae_6

こちらは少し温かみを感じるツイードのグレー。

futae_5

そして落ち着いた雰囲気のパープルのファブリック。

同じフレームでも座面によってすごく印象が変わりますね。
カバーリングだと季節で使い分けもできるのでいいですよ〜


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■ 
Jqualia Twitter


Recent Comments
Archives