−芦屋界隈“ぶらぶら”と−

芦屋にあるショップ「木と工房家具のお店 Jクオリア」、  日々の出来事を時々更新中!

ふたたび北海道へ〜その弐

津別の山上木工さんを後にして向かったのが、毎年三人展でお世話になっている硝子の工房、夕張郡長沼町にある西山亮さんの、工房「glashaus  グラスハウス」です。


09_8

広大な畑の一角で樹々に囲まれた、とても素敵な場所にありました。


09_11

吹きガラスの炉や様々な道具、初めて見るものばかりでキョロキョロしてしまいました。
すべて一人でこなされるので、効率よく作業出来るように配置されています。


09_9

工房の中には、ずらりと作品が並んでいました。西山さんの作品は、硝子なのに不思議とあたたかみを感じます。もちろん涼しげではあるのですが冷たさはないんです。手触りや口当たりがまったりとやさしくて、安心感のある使い心地です。


09_10
 
新作も見せていただきました。ちょっとシャープなイメージ、いいですよ〜11月の展示会が楽しみです!
西山家の皆さま、素敵な時間をありがとうございました〜

北海道の旅はもうちょっと続きます。


「木・土・硝子の三人展」
11/1(水)〜11/12(日)*11/6(月)7(火)は休み
11:00〜18:00


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■ 

ふたたび北海道へ〜その壱

6月の旭川に続き、またまた北海道へ行ってきました。

09_1

夕方到着したのは道東にある女満別空港。
関西からの直行便は夏の期間(〜9/30)しか飛んでいないので、ギリギリを狙ってやって来ました。


09_2

翌朝一、「ISU-WORKS」でお世話になっている津別町にある山上木工さんへ。
写真中央のオレンジの車は、とんでもなく大きい除雪車。北海道の冬の厳しさを思い知らされます。


09_3

ISU-WORKSの椅子たちを製作中。皆さん黙々と丁寧に作業をされている姿に感謝、これからもよろしくお願いしますという気持ちで見学させていただきました。
工場には様々な機械が所狭しと置かれています。機械導入のために建て増しされるぐらい機械好きの山上社長さん、そしてそのDNAを引き継ぐ息子の裕一朗さん、そしてJ之あるじで話はヒートアップ。私はついて行けずにただただ感心しておりました・・・


09_4

次に案内してもらったのは、山上木工さんから車で5分ほどの所にあるショールーム兼作業場。ここは閉校になった小中学校で、まだリノベーション途中なのですが見せていただきました。

09_5

広〜い校庭の横には、二宮金次郎像が残っていました。

09_6

椅子張りと塗装がこちらに移って作業されていました。最終的には組み立て作業などもこちらに移して、製作現場を見学できるようにと考えられています。授業参観のように各教室を見学できるって楽しいそう〜

09_7

この度は大変お世話になりました、オホーツクの木工発信地目指して頑張ってください!

北海道の旅はまだまだ続きま〜す。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■ 

畳ベッド 納品

先日、楽しみにお待ちくださっていた畳ベッドを納品させていただきました。

tatamibed_a_tsama
 
宮付き、引き出し2個付きのシングルサイズ。
とてもやさしい雰囲気に仕上がりました。桧の集成材で作られたフレームとひのき畳の、すべて桧のベッドです。畳表は熊本県産のい草を使っています。お客様からも「部屋中、桧とい草のとってもいい香りが広がり、いい夢が見れそうです。」といううれしいお声をいただきました。
Tさまありがとうございました。

畳ベッドはサイズや仕様、材種などいろいろ変更が可能ですので、お気軽にご相談ください。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

すごい!時計フック

とってもちっちゃいけど、すごい新商品がやってきました。

kikitokeihook_3
 
kiki特製「時計フック」です!

kikiさんで作られる時計にジャストフィットするように開発されました。

kikitokeihook_2

大きさは小指の爪よりも小さいΦ8mm。
2本のステンレス製の針クギで壁に固定します。太さ0.9mmなので針の跡も目立ちません。

kikitokeihook_4

今まではプッシュピンに引っ掛けていたので、こんな風に隙間があいていました。

kikitokeihook_1

ところがこの時計フックを使うと、壁にぴったり!とっても気持ちいい〜

お客様にストレスを感じることなく商品を使って欲しいというkiki店長の愛情たっぷりのフック、1個¥300(税別)で販売しています。これから時計をお買い上げの方はもちろん、すでにkikiさんの時計を使ってくださっている方にもおすすめで〜す。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

椅子のお届け

先日のお届け・・・

gen_1
 
高橋三太郎さんデザイン、北海道の津別で作られている ISU-WORKS「 GEN  」
お客様は沢山素敵な椅子をお持ちなのですが、その中に仲間入りさせていただきました。

ご主人が北海道に行かれた際に三太郎さんの椅子のDMを手にされ、
一度座ってみたいとご来店いただき、
いろいろな椅子にじっくり座って、GENを選んでくださいました。

お届けの際、初めて座られた奥様にも気に入っていただけて「よかったぁ」
B様ありがとうございました、GENのこと末長くよろしくお願いいたします。 



< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

玄関にスツール

背もたれのない椅子をスツールと呼びます。

tennai20170105

人数が増えた時の補助的な椅子だと思われる方も多いと思いますが、スツールってなかなか使えるんですよ〜 椅子としてはもちろん、ソファやベッドのサイドテーブルや飾り台にもなってくれます。小さなローテーブルを探されている場合はスツールをおすすめすることもあります。スツールを見に来られるので多いのが、玄関用です。
日本では家に上がる時に靴を脱ぐので、玄関には土間と床との段差があります。昔はこの段差が30cmぐらいあったのですが、段差がきついと上がりづらいので今はとても低くなっています。上がりやすくなって楽になった反面、昔はこの段差に腰掛けて靴を脱ぎ履きしていたのができなくなってしまいました。なので玄関に置くスツールを探しに来られる方が多いんです。

玄関スツール_3
 
上の写真は、その名も「玄関スツール」立ちやすいように手がかりがあって、だけど介護用品的でなくインテリアに合うものが 欲しいという高齢の方からの声で生まれたスツールです。

スツールは個性的なデザインも多いので、玄関の広さや雰囲気に合わせて選んでいただけると思います。玄関が広くない場合は、奥行きがコンパクトなものがおすすめ。脚をカットして低くできるものもありますので、ちょうどいい高さにも合わせていただけます。

< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■ 

畳ベッド

うちでは展示スペースとしても活躍してくれている、畳ベッド。
現物が見たくて・・・と来てくださるお客様が増えています。

tatamibed_p_j
 
長時間使うのと全体重がかかるので、丈夫さを確かめたくてという方がほとんどです。飛騨フォレストさんの畳ベッドは写真のように外から見える部材はもちろん、畳の下の桧のスノコがとてもしっかりしています。体重を支える部分なのでここが華奢だときしみの原因にもなります。

 工房では1台ずつ作られているので、様々なオーダーに対応可能です。サイズはもちろん、和室に置いても畳を痛めにくい仕様や、少し物が置けるヘッドボードを付けたり、収納用の引き出しを付けたり、毎日ベッドの下を掃除したい方には4つ脚タイプ、ベッド下に収納はしたいけれど畳やスノコを持ち上げるのが大変という方には跳ね上げタイプなど、生活スタイルに合わせてご提案させていただきます。

リビングの畳コーナーにもおすすめです。腰をかけたりゴロンと寝転んだりできるくつろぎの場所にも、お客様が来られた時のベッド代わりにもなってくれます。畳の下に収納スペースが確保できるのもうれしいですよね。数ヶ月前に納品させていただいたユニット畳、お部屋の雰囲気と合ってとても素敵でした。

そしてこの畳ベッド、複雑な仕様のものでなければお客様ご自身で組み立てができます。もちろん組み立て設置も承りますのでご相談くださいね。

展示している家具をさっと避けますので、いつでも寝転びに来てくださ〜い。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

北海道へ

2週間程前のこと、遅くなりましたが北海道出張報告を・・・

asahikawa2017_3

毎年6月に行われる旭川の展示会。あるじはほぼ毎年訪れているのですが、私は初めて参加しました。今年は展示会開催30周年、3年に一度行われるコンペが10回目の記念の年で、例年よりも活気があったようです。初参加の私は比較はできませんが、「全国からこんなに沢山の人が来るんだ〜」と感心しておりました。

asahikawa2017_4

asahikawa2017_2

asahikawa2017_1

asahikawa2017_6

いつもお世話になっている工房さんの工場や展示会場、ショップを訪問。直接見たり聞いたりすることで、気づかされることも多く勉強になりました。
他にも工場を見学させてもらい、各工房の特徴や工夫を知ることができました。

夜は、工房の皆さんや販売店さんたちと真面目に楽しい意見交換もできました。
日々に生かしていきたいと思います。


余談ですが・・・
asahikawa2017_5

旭川の材木屋さんに絶対に食べないとダメと言われた「うに」とっても美味しかった〜

asahikawa2017_7

帰路の千歳空港でしろくまくんと記念撮影!このしろくま、お世話になっている工房さん作なんですよ。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■

途中まで肘掛けのある椅子

先日、前まで肘掛けのある椅子のことについて書きましたが、今日は途中まで肘掛けのある椅子・ハーフアームのお話を・・・

halfarmchairs
 
前まで肘掛けのあるタイプと同様に、ゆったりと椅子に座る時間が長い方にオススメ。違うのは、座面が囲まれていないので椅子を全部引かなくても立ち座りができるところです。食事中に立ったり座ったりが多いけど、お茶を楽しんだりゆっくりすることもある〜という方にはぴったりだと思います。そして長く使っていただく中で生活スタイルも変化するので、今は子育て中で忙しい方も5年、10年後にはゆったりと椅子に座ることも多くなると考えると両方に適合してくれる椅子かもしれません。
 椅子の向きはそのままで身体の向きだけ変えることができるので、テレビの位置が正面じゃない時に便利です。それからあぐらをかくこともできます。椅子であぐら?と思われるかもしれませんが、お酒を飲むと脚を上げたくなる方やあぐらがペットの定位置の方など、意外と多いご要望なんですよ。

幅はそれぞれですが、肘掛けを使うので2脚並べる場合は1500mmあればいいなと思います。収納面では、肘掛けが高くても肘のない部分まではテーブル下に収まるので、椅子が出っ張るのは嫌という方にもおすすめです。

ダイニングの3つのタイプの椅子について書きましたが、自分にあってるのはどれかな〜と色々な椅子を座り比べてみてください。生活スタイルなどもお聞きしご提案させていただきます。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■
 

肘掛けのある椅子

肘掛けのある椅子には、肘掛けが前脚まであるものと途中までのものがあります。
今日は前脚まであるタイプのお話を・・・

armchairs
 
ダイニングでお酒を楽しまれる方、お茶を飲みながらお話しされる方、本や新聞を読むスペースに使われる方など、過ごす時間の長い方におすすめです。
肘をのせることで身体がリラックスし、くつろぐことができます。
家族やお友達など人の集まる場として、ダイニングスペースを使われるお家が多くなっているので、肘掛けなしよりもありのタイプを選ばれる方が多いです。

肘掛けありの椅子は幅が広く、2脚横並びで置かれる場合は椅子のデザインにもよりますが、テーブルは1500mm以上あるといいと思います。そして完全に引かないと立ち座りができませんので、椅子の後ろにスペースが必要になります。肘掛けの高さによっては、テーブル下に収まらない場合もあります。

肘掛けありの椅子は、身体と触れる部分が多くなるので、自分に合うか合わないかもはっきりしてきます。背中の当たりや座面の角度、肘掛けの高さなど体型や好みによって、座り心地がいいな〜と感じる椅子が違ってきますので、ゆっくりと選んでいただきたいと思います。


< J 之 おかみ > 


 
□■□ 木と工房家具 Jqualia ■□■
 
Jqualia Twitter


Recent Comments
Archives